BLOG ブログ

春季リーグ 第3節 vs愛知東邦大学 第2戦

前日1点差の試合を制した学泉大ですがこの日も1点を争う試合となりました。

先制したのは学泉大。4回に不振で苦しんでいた5番黒川(愛知啓成・3年)のライトへのタイムリーで先制する。

しかし東邦大は直後の5回に無死3塁と攻め、8番近藤の犠牲フライですぐさま同点とする。

6回には江副(千原台・2年)がリーグ戦初登板するも連続四死球でピンチを招き、代わった加藤(日本航空・4年)が勝ち越しタイムリーを打たれてしまう。

その後4対3とリードされたまま9回を迎える。

先頭田村(啓新・4年)が右中間を破る執念のツーベースを放つと9番岩下(菰野・2年)がしっかり送り1死3塁で1番榎本(日本航空・3年)が一塁線へ強烈な当たりを放つも東邦大1塁手の西川がファインプレーで打者走者榎本はアウトになるも田村が還り土壇場で同点に追いつく。

延長10回、特別ルールにより無死1,2塁からスタートし4番手寺澤(名古屋国際・4年)がなんとか1失点で切り抜けるも裏の攻撃で学泉大は無得点に終わり1点差で惜敗してしまいました。

この結果を受け、上位3チームが3勝2敗、下位チームが2勝3敗で別れる大混戦となりました。

学泉大が優勝するには残り試合を最低でも4勝1敗で乗り切らなければ一部昇格はありません。

一戦一戦が重要な試合となりますのでぜひ応援のほうをよろしくお願いいたします!

次節は4月28.29日第4節 vs日本福祉大学(名古屋商科大学グラウンド)にて試合です!

 

1勝2敗で迎えた第3節。相手は秋季1位の愛知東邦大学でした

先発は加藤(日本航空・4年)が2回に単打2本で1死2.3塁とされ東邦8番の近藤の内野ゴロの間に1点を失うもその後は打たせて取る投球で4回を1失点。

2回に先制された学泉ですが6回に9番榎本(日本航空・3年)がバックスクリーン直撃の同点ホームランを放ち流れを取り戻す。

5回は今シーズン初登板の藤田(神戸第一・2年)がしっかり1回を無失点。6回からはエース寺澤(名古屋国際・4年)が完璧な投球を見せ4イニングをシャットアウト。

そして1-1で迎えた8回2死3塁から7番高橋佑(愛知啓成・2年)が値千金の勝ち越しタイムリー。第3節1戦目をしっかりと勝利することができた。

寺澤が今シーズン2勝目。藤田が初ホールド。接戦をモノにし2勝2敗のタイに戻し同率ではありますが2位となりました。

1勝1敗で迎えた第2節。

連勝で首位に行きたい学泉大だが2部屈指の好投手同朋大学・久保田が立ちはだかる。

打線は立ち上がりの久保田を攻める。

先頭榎本(日本航空・3年)がセカンド内野安打で出塁し、2死2塁とし4番水谷(中京院中京・2年)がセンターへタイムリー。幸先よく先制する。

しかし2回、先頭打者にレフトへツーベースを浴びると内野の暴投、タイムリーなどで2点を失い逆転されてしまう。

その後先発寺澤(名古屋国際・4年)はランナーを出しつつも粘りの投球を見せる。

打線もなんとか寺澤を援護しようとするが久保田の前に0行進が続く。

しかし8回、主将である田村(啓新・4年)が死球で出塁すると連続ヒットで満塁とし3番大久保(三好・3年)がセンターへ犠牲フライを放ち同点。

ところが9回先頭にツーベースを浴びると2死3塁からセーフティバントを決められ勝ち越し。その後失策絡みでさらに2点を失い5-2で敗戦。

非常に悔しい敗戦となりました。

野球とは間合いということを学んだ試合でありました。

必ず明日勝ちタイに戻します!

昨日は先発全員安打で快勝したがこの日は投手戦に。

先発藤森(磐田東・4年)は再三ピンチを迎えながらも要所を締めるピッチング。

打線は4回、1死3塁から黒川(愛知啓成・3年)がレフトへタイムリーを放ち先制。

しかし中盤、タイムリーとエラーで小刻みに失点。

8回に岩下のレフト前タイムリーで1点差まで迫るも2番手加藤(日本航空・4年)が2点タイムリーを浴びてしまい終戦。

5-2で敗れてしまう。

この結果により2部Bリーグ全チームが1勝1敗のタイに。

次節勝ち越して優勝を目指します!

開幕戦の相手は昨年秋季リーグ戦で3位だった愛知産業大学。

おととしまで一部で強打が売りのチームです。

試合は3回に学泉大が愛産大先発・今村から長短打で3点を先制。5回にも1点を取り試合を優位に進めるが5回裏に先発・寺澤(名古屋国際・4年)が3ランを浴び1点差に。

なおも1・3塁のピンチも以後は無失点に抑える

すると打線は終盤8回に貴重な1点を加え9回に3点を加えダメ押し。

寺澤は9回完投4失点で勝ち投手。打線は13安打を放ち8対4と快勝。

リーグ戦初戦を最高の形で終えた

3月のOP戦日程が決まりましたのでお知らせいたします。

 

10日 名古屋商科大学W 名古屋商科大学G

13日 富士大学 AM 瀬戸市民球場

14日 至学館大学 AM 至学館大学G

15日 中京大学W 中京大学G

至学館大学 AM 至学館大学G

16日 常葉大学藤キャンパス PM 常葉大学富士キャンパスG

18日 名古屋学院大学 W 名古屋学院大学G

19日 中部大学 PM 中部大学G

愛知淑徳大学 AM 愛知学泉大学G

20日 石川ミリオンスターズ PM 金沢市民球場

愛知産業大学 W 愛知産業大学G

22日 愛知教育大学 AM 愛知教育大学G

23日 明治学院大学 PM 天龍球場

26日 愛知学院大学 愛知学院大学G

中部学院大学 PM 中部学院大学G

27日 名古屋大学 名古屋大学G

29日 常葉大学浜松キャンパス PM 常葉大学浜松キャンパスG

星城大学 AM 未定

 

こんばんは!愛知学泉大学です

更新が遅れてしまい申し訳ありません。

先日、無事沖縄キャンプも終わり3月からOP戦に入ります

沖縄キャンプでは6戦行い5勝1分と好スタートがきれました!

試合結果は以下の通りです↓↓

学泉1-0沖縄大学

学泉2-2琉球大学

学泉4-0エナジック

学泉5-1名桜大学

学泉10-2沖縄国際大学

学泉6-5BIG開発

 

去年は勝つことができなった沖縄で負けなかったのはチームとしても得たものは大きく、自信にもつながりました。

一部昇格に向け一致団結していきます!!

 

あけましておめでとうございます。愛知学泉大学副主務加藤です。

学泉野球部は先週11日から練習を再開し、一部昇格を目指し日々練習に励んでいます。

今はグラウンドの改修に入りランニングメニュー中心の練習ですが毎日がむしゃらに選手たちは練習に努めています。

さて毎年恒例の沖縄キャンプですが2月の21日から3月の2日となりました。

詳細は追って連絡いたします。

今年も愛知学泉大学の応援をよろしくお願いします。

11月26日の強化リーグの結果①です

vs名古屋商科大学

学泉大 000 201 000   3

名商大 000 003 003x 6

投手ー捕手

加藤③、下城②、徳田①、藤田①、寺澤③ー丹羽②、表②

三塁打 沓名③

二塁打 千代③、清水①

試合は4回に1,2塁のチャンスから沓名(3年・岡崎城西)のタイムリー三塁打で2点を先取。6回には千代(3年・愛知啓成)の左中間へのタイムリー二塁打で追加点。秋に屈した名商大にリードするがその裏から登板した徳田(1年・東海学園)がまさかの3失点。藤田(1年・神戸第一)が前日に続き好投を見せるが9回にエース寺澤(3年・名古屋国際)が痛恨のサヨナラ3ランを被弾。一歩及ばず敗戦となった。春からの課題である競り合ったゲームでの粘り弱さ、このオフでシーソーゲームを制する力をつけ、来年の試合に備えたい。

11月25日の強化リーグの結果です

vs名古屋学院大学

名院大 000 000 00   0

学泉大000 042 01x  7

投手-捕手

藤田①、川合③、徳田①、加藤③-表②、丹羽②

二塁打

表②、沓名③、岡村③、清水①

序盤はチャンスを作るもののなかなか得点できずもどかしい場面があったが5回に山本(2年・成章)の打球が遊撃手のエラーを誘うと榎本(2年・日本航空常滑)、表(2年・創造学園)が連打で続き代打・岡村(3年・中部大第一)が右中間へのタイムリー二塁打で先制。その後も大久保(2年・三好)、黒川(2年・愛知啓成)の連続タイムリーで一挙4点を先取。最後は途中出場の清水(1年・室戸)が満塁からレフトオーバーのヒットでコールド勝ち。投げては先発藤田(1年・神戸第一)が3回で6奪三振を奪うなど投打ががっちりかみ合い名古屋学院大に完勝した。残り少ない今シーズン、成長を実感し課題を見つけてほしい。

pagetopへ