BLOG ブログ

春季リーグ 第3節 vs愛知東邦大学 第2戦

前日1点差の試合を制した学泉大ですがこの日も1点を争う試合となりました。

先制したのは学泉大。4回に不振で苦しんでいた5番黒川(愛知啓成・3年)のライトへのタイムリーで先制する。

しかし東邦大は直後の5回に無死3塁と攻め、8番近藤の犠牲フライですぐさま同点とする。

6回には江副(千原台・2年)がリーグ戦初登板するも連続四死球でピンチを招き、代わった加藤(日本航空・4年)が勝ち越しタイムリーを打たれてしまう。

その後4対3とリードされたまま9回を迎える。

先頭田村(啓新・4年)が右中間を破る執念のツーベースを放つと9番岩下(菰野・2年)がしっかり送り1死3塁で1番榎本(日本航空・3年)が一塁線へ強烈な当たりを放つも東邦大1塁手の西川がファインプレーで打者走者榎本はアウトになるも田村が還り土壇場で同点に追いつく。

延長10回、特別ルールにより無死1,2塁からスタートし4番手寺澤(名古屋国際・4年)がなんとか1失点で切り抜けるも裏の攻撃で学泉大は無得点に終わり1点差で惜敗してしまいました。

この結果を受け、上位3チームが3勝2敗、下位チームが2勝3敗で別れる大混戦となりました。

学泉大が優勝するには残り試合を最低でも4勝1敗で乗り切らなければ一部昇格はありません。

一戦一戦が重要な試合となりますのでぜひ応援のほうをよろしくお願いいたします!

次節は4月28.29日第4節 vs日本福祉大学(名古屋商科大学グラウンド)にて試合です!

 

1勝2敗で迎えた第3節。相手は秋季1位の愛知東邦大学でした

先発は加藤(日本航空・4年)が2回に単打2本で1死2.3塁とされ東邦8番の近藤の内野ゴロの間に1点を失うもその後は打たせて取る投球で4回を1失点。

2回に先制された学泉ですが6回に9番榎本(日本航空・3年)がバックスクリーン直撃の同点ホームランを放ち流れを取り戻す。

5回は今シーズン初登板の藤田(神戸第一・2年)がしっかり1回を無失点。6回からはエース寺澤(名古屋国際・4年)が完璧な投球を見せ4イニングをシャットアウト。

そして1-1で迎えた8回2死3塁から7番高橋佑(愛知啓成・2年)が値千金の勝ち越しタイムリー。第3節1戦目をしっかりと勝利することができた。

寺澤が今シーズン2勝目。藤田が初ホールド。接戦をモノにし2勝2敗のタイに戻し同率ではありますが2位となりました。

1勝1敗で迎えた第2節。

連勝で首位に行きたい学泉大だが2部屈指の好投手同朋大学・久保田が立ちはだかる。

打線は立ち上がりの久保田を攻める。

先頭榎本(日本航空・3年)がセカンド内野安打で出塁し、2死2塁とし4番水谷(中京院中京・2年)がセンターへタイムリー。幸先よく先制する。

しかし2回、先頭打者にレフトへツーベースを浴びると内野の暴投、タイムリーなどで2点を失い逆転されてしまう。

その後先発寺澤(名古屋国際・4年)はランナーを出しつつも粘りの投球を見せる。

打線もなんとか寺澤を援護しようとするが久保田の前に0行進が続く。

しかし8回、主将である田村(啓新・4年)が死球で出塁すると連続ヒットで満塁とし3番大久保(三好・3年)がセンターへ犠牲フライを放ち同点。

ところが9回先頭にツーベースを浴びると2死3塁からセーフティバントを決められ勝ち越し。その後失策絡みでさらに2点を失い5-2で敗戦。

非常に悔しい敗戦となりました。

野球とは間合いということを学んだ試合でありました。

必ず明日勝ちタイに戻します!

昨日は先発全員安打で快勝したがこの日は投手戦に。

先発藤森(磐田東・4年)は再三ピンチを迎えながらも要所を締めるピッチング。

打線は4回、1死3塁から黒川(愛知啓成・3年)がレフトへタイムリーを放ち先制。

しかし中盤、タイムリーとエラーで小刻みに失点。

8回に岩下のレフト前タイムリーで1点差まで迫るも2番手加藤(日本航空・4年)が2点タイムリーを浴びてしまい終戦。

5-2で敗れてしまう。

この結果により2部Bリーグ全チームが1勝1敗のタイに。

次節勝ち越して優勝を目指します!

開幕戦の相手は昨年秋季リーグ戦で3位だった愛知産業大学。

おととしまで一部で強打が売りのチームです。

試合は3回に学泉大が愛産大先発・今村から長短打で3点を先制。5回にも1点を取り試合を優位に進めるが5回裏に先発・寺澤(名古屋国際・4年)が3ランを浴び1点差に。

なおも1・3塁のピンチも以後は無失点に抑える

すると打線は終盤8回に貴重な1点を加え9回に3点を加えダメ押し。

寺澤は9回完投4失点で勝ち投手。打線は13安打を放ち8対4と快勝。

リーグ戦初戦を最高の形で終えた

今年度強化リーグを以下の通り実施致します。
ご声援宜しくお願い致します。

強化リーグ 日程⇦こちらが日程となります。

平成29年度 2部秋季リーグ 《第5節》

9月30日(土) 愛知産業大学グラウンド

対 日本福祉大学
学泉大 5-6× 日福大
学)寺澤、加藤、藤森-表
日)鷹羽、森、八幡-谷本、堀川

4回までは完璧な学泉大学ムード。3回には大久保(三好2)のタイムリーで先制。5回には3者連続ツーベースヒットで4点のリードを奪う。

しかし、5回裏2アウトランナー2、3塁とすると8番打者の打球はショートへ、その送球がまさかの暴投となり2点を返される。

息を吹き返した日福打線はその後も細かく得点を刻み1点差のまま最終回へ。

最終回の攻撃をサインミスという流れの悪さを露呈した学泉大学はその裏エラー重なり1アウト満塁のピンチ。

3番打者の打球がレフト前ヒットとなり2人が生還しサヨナラ負け。


平成29年度 2部秋季リーグ 《第5節》

10月1日(日) 愛知産業大学グラウンド

対 日本福祉大学
日福大 6-4 学泉大
日)三島、八幡、森-堀川
学)江藤、徳田、松本望-丹羽、表

前半は前日の流れの悪さそのままでミスの連続により6点のビハインド。

7回に1点を返し8回、清水(室戸1)、表(創造学園2)のタイムリーで3点を加え2点差をする。

しかしミスによる失点が大きすぎ逆転できず敗戦。9戦を終え3勝6敗。

 

同日行われました名古屋大学×同朋大学の試合で名古屋大学が勝利したため今季の残留が確定しました。

応援して頂きました皆様には今季大変残念な気持ちにさせてしまった事と思います。

散々サインミス、エラー、情けないプレーの数々で負けてきました。

4年生のラストシーズン、有終の美とは程遠い形になり4年間は何だったのかと考えるときもありますが、後輩たちに思いを託して来週引退となります。

散々エラーし、ミスをし、「しょうがない」で片付けてきた、自分に目を向けてこなかった結果だと思います。薄々気付いている選手もいると思います。

一冬超え、人として、野球人として成長してくれることを切に願います。

どうか皆様、来季もご声援頂けたらと思います。必ずこの経験を無駄にせず、最高の結果を出し、みずほ球場で1部をかけ戦ってくれる事でしょう。

 

来週の最終戦、愛知産業大学グラウンド 10時~ 対 同朋大学となります。

最後に4年生に向けて、チームに向けてご声援下さい。

宜しくお願い致します。

平成29年 2部秋季リーグ 《第4節》

9月23日(土) 愛知産業大学グラウンド

対 名古屋大学
名大 9-0 学泉大
名)松田-井上
学)寺澤-表

学泉大学は序盤相手のミスもあり3点を奪い幸先よくスタートする。

しかし先発 寺澤(名古屋国際3)が名大打線の追い上げにあう。

2回のタイムリーで1点を失うとその後も先頭打者を出してしまいなかなか思うような投球が出来ず8回には犠牲フライでついに1点差まで追い上げられる。

しかし、9回名大打線を2者連続で三振を奪うと最後の打者も打ち取り試合終了。

この時点で3勝3敗の5割まで勝率を戻す。

 


9月24日(日) 愛知産業大学グラウンド

対 名古屋大学
学泉大 0-1 名大
学)江藤-丹羽、表
学)野崎-井上

学泉大学の前に名古屋大学先発 野崎が立ちはだかる。

序盤2度のチャンスを作るも得点することが出来ない、対してこの日先発の江藤(菰野3)は立ち上がりこそ苦しんだがその後7回までは完璧な投球。

しかし、8回2アウトからランナーを出すと4番井上に決勝点となるタイムリーを打たれ勝負あり。

勝てば残留、優勝戦線のも残れる大事な試合を落とし、今季の優勝が完全消滅した。

平成29年 2部秋季リーグ 《第3節》

9月18日(日) 愛知産業大学グラウンド

対 同朋大学
学泉大 9-0 同朋大
学)寺澤-表
同)山谷-山本
本)黒川(学)

5回までは投手戦、両先発が要所で踏ん張り打撃陣は苦戦を強いられる。

試合は6回、学泉大学は2アウトランナー満塁とすると6番岡村(中部大第一3)のレフトへの2点先制タイムリーで均衡を破る。

その後は8回にも追加点を入れ、9回には黒川(愛知啓成2)の今大会2本目となる3ランホームランが飛び出し試合を決める。

投げては先発寺澤(名古屋国際3)が同朋打線をシャットアウトし9回2安打無死点の好投を魅せ2勝目。

IMG_5898 IMG_5921

平成29年度 2部秋季リーグ 《第2節》

9月9日(土) 至学館大学グラウンド
対 名古屋学院大学
学泉大 3-0 名院大
学)江藤-表
名)野田-藤田

本)黒川(学)

学泉大、先発江藤(菰野3)はリーグ戦初先発。序盤はランナーを出しながらも粘りの投球で名古屋学院に0をに刻む。

打線は今季初先発の7番田中寛(桜丘3)が2アウトからヒットで出塁すると8番キャプテン田村(啓新3)が左中間を抜ける先制タイムリーを放つ、

江藤は後半になるにつれ調子を上げ投球数を減らしていく。

2点差で迎えた最終回、2アウトから5番黒川(愛知啓成2)のダメ押しソロホームランで試合を決め学泉大学は今季1勝目。

江藤もリーグ戦初勝利となる。

 


9月10日(日) 至学館大学グラウンド
対 名古屋学院大学
名院大 3-0 学泉大
名)谷口-藤田
学)藤森、藤田、加藤、寺澤-表

前半を1-1で折り返し学泉大は総力戦にでる。

5回から登板した加藤(日本航空常滑3)がピンチを迎えると名院大9番宮本ジョセフにストレートを捉えられ2点を逆転される。

打線は後半100球を超えた谷口を捉えらず沈黙。

2週を終え1勝3敗、1部昇格へはもう全勝しかなくなった。

pagetopへ